トップ > オピニオンのブログ

オピニオンのブログ

全記事数:151件

7/31ページ目

高温多湿の季節・・・保管方法には注意が必要

公開日:2016-07-05 18:46:17

実家に行った時の出来事。
久しぶりにスニーカーを履いて外に出たのですが、歩き出した途端に靴底がミシミシと鳴り出し、足に異変を感じました。
数分後にはパカパカッという音になり、靴を見ると靴底が完全に取れていました。
新しいスニーカーで、数回しか履いていないのに何故!? 
調べて判ったのですが、これは加水分解という現象で、水分に弱いウレタンゴムの靴底が壊れてしまった現象でした。
日本は世界から見ても加水分解の被害が多いらしく、その理由は日本の気候”高温多湿”に大きな要因があるらしいです。
雨に濡れた場合はとくにですが、履いた後は靴に新聞紙を入れて湿気を取り除いてから下駄箱に入れ、定期的に下駄箱を換気をして乾燥をさせた方が良いようです。
また、棚板と靴の間に金アミやスノコ状のものを入れて間を作り、通気性を良くする工夫をすると良いようです。
梅雨が明けるまではとくに湿気が高いこの季節・・・下駄箱以外の収納場所を確認する週末となりました。

グリスフィルターのオピニオン 投稿:松本 貴行

パリの大衆食堂

公開日:2016-06-21 20:44:18

雨続きの週でしたが、晴れる日を狙って「パリのワイン食堂」に行きました。
このお店は地下鉄東銀座駅の3番出口から歩いて3分程、歌舞伎座の裏にあります。
ランチ営業11:30のオープン前を狙って一番乗りのつもりで到着したのですが、既に5組くらいのお客様が並んでいました。店内がフルオープンで、赤色チェック柄のテーブルクロスに誘われます。
案内してくれた席は、テラス席。外が眺められるので、良いですよと勧めてくれました。今日はひとりでしたので、ありがたかったです。
座るや否や各テーブルから注文が入り、店内はパリ音楽が掛かりました。本場フランスの大衆食堂の雰囲気そのまま、一気にお店が動き出した感じです。
注文は、最初に目に入った日替わりランチ1,000円。いかんせ後から座ったお客様が続々と手を挙げて注文をしているので、迷っている暇ナシという感じで焦りました。
今日の日替わりは仔羊ローストランチで、メインにライスかパンをチョイスしてコーヒーが付きます。プラス300円で生ハムサラダをお願いしました。
やっと落ち着いて目線を店内に向けると、既に満席。12時前でしたので驚きました。活気があるお店の料理を待つのはワクワクします。
リズムの良い音楽とスタッフの波長がピッタリ。テンポ良く料理がテーブルに運ばれてきました。
よくローストされているので、お肉は柔らか。羊のお肉独特の匂いも程よい感じに抑えられていました。
自分が食べている間にも続々とお客様が来店。テラス席から銀座の昼時の街並みを眺めつつ、今日はサッと入ってサクッと食べて、パッとお店を後にして入店から35分で出てきました。
次は、ワイン片手にディナープリフィックスコース。。という夜に行く楽しみができました。


【店名】パリのワイン食堂
【住所】中央区銀座3-13-11 銀座芦澤ビル1F
【電話】03-3547-4120 

【HP】https://auxamis.com/wine-shokudo 




グリスフィルターのオピニオン 投稿:松本 貴行 

オピニオンのつぶやき

公開日:2016-06-06 12:09:57

■ 小学一年生の姪っ子を見習って

花屋、ケーキ屋、スチュワーデス、モデル、先生、保育士・・・

今年小学1年生になった秋田に住んでいる妹の子供、姪っ子とは定期的に
テレビ電話をします。

結構な頻度で将来なりたいものが変わるんです。
話を聞いているときは、「そうなんだ~」という感じなんですが、
ふと思ったら、凄いことだなと。

自分が幼稚園を卒業するときに書いたという文集を5年位前に母親から
見せられました。そこに書いてあったのは将来なりたいもの「サッカー選手」。
あれ?!サッカーなんて全く興味がなかったし、、
きっと周りに流されてたんじゃないかなと今では思います。

姪っ子が凄いのは色々なことに興味を持ち、それを将来の目標として語れる
ことです。また、目標が変わるということは、両親がそれだけ色々なものを
見せているということだと思うのでそれはまた凄いことだと思いました。


一つのことに専念することはとても大切だと思います。
しかしながら、姪っ子のような時期には色々なものを見たり、体験させたり、
疑問を持たせたりすることはもっと大切だと自分は思います。

30半ばの自分でも遅くないはず!
姪っ子を見習って、色々なものに興味を持っていこうと思った。
そんなある日のつぶやきでした。


グリスフィルターのオピニオン 投稿:千葉

『肉の罠』 

公開日:2016-05-16 12:22:23

神保町A5番出口から徒歩2~3分ほど歩いたところに『肉の罠』はあります。
店名のインパクトは一度聞くと忘れないですね。

なかなか訪れることのない神保町、ランチを食べるために下車して肉の罠に入りました。


時間は11時35分。
OPENから5分位経過しておりましたが、先客が5名ほどいらっしゃいました。
全てがお薦めに決まっているのに何がお薦めか店長に聞いてしまった自分は、黒毛和牛の肩ロース ステーキを注文。

正直奮発しました 笑
でもせっかく黒毛和牛専門店に来てるんだからステーキ食べたくなったんです。
黒毛和牛塩ハンバーグや黒毛和牛カルビ丼。黒毛和牛が付くと、全てが美味しそうに思えて食べる前から期待してしまいます。

カウンターに座っていた自分の前で、店長が振るフライパンから炎が上がるの今か今かと待ち遠しく思うのと同時に、目の前で調理されていることにより美味しさへの期待がアップ。

待ちに待ったステーキが目の前に。
「軽く塩味がついてますが山葵をつけて食べていただくと美味しいです。また、ステーキソースはこちらになります。」と、案内を受ける。

期待していたものを大きく上回る感動をいただきました!
塩に山葵、それにお肉の旨味・・・ ベストマッチです。お肉一切れで白飯が進みます。
お肉の旨味と同様に感動したのが、脂の甘みです。こんなに美味いと思う、溶ける脂。
昼間から贅沢なランチをしてしまいました(笑)

お値段は1,450円ですが、金額以上の価値を感じられる、
そんなランチを堪能させてもらいました。
次回訪れるときは同じものか他を食べるか悩みそうです。




店名:肉の罠
住所:東京都千代田区神田神保町1-34-24 越路第3ビル 1F
TEL:03-6884-1110
営業時間:11時30分~14時 17時~23時30分
URL:https://www.facebook.com/hongousatsuki/

グリスフィルターのオピニオン 投稿:千葉

後輩が出来るという事 遠藤友幸

公開日:2016-05-02 09:26:13

 こんにちは!
  久しぶりの登場です。
  とあるサッカーコーチです。

  久しぶり過ぎてお忘れ、お初の方もいらっしゃると思いますので、簡単に自己紹介を。
  私は仕事が休みの日に、自分の子供が所属するコーチをしています。
  その時に感じた事や思った事、コーチ研修等で習った事をつぶやきに書いていきます。

  今回は、後輩が出来るという事。
  私の担任学年は早いもので5年生になりました。(つぶやきに初投稿した時は2年生)
 サッカー的にいうと、U-12ですね。
 子供たちにも、5年生ともなれば自然と後輩が出来、面倒をみたり、後輩の手本となる行動を取らなければいけなくなります。
 どこのチームでも同じかと思いますが、練習時に居る最高学年が準備体操やコーチに挨拶をする際、後輩を引っ張り率先して行動しなければなりません。
 先日、6年生が遠征で5年生にその大役が。。。
 練習時の体育等、1\x{ff5e}4年生まで毎週末繰り返し行ってきた事なので、特にコーチも教えたりしません。
 しかし上手く出来ませんでした。低学年の子は走り回り、体操もしません。
 5年生としては「自分たちは大きな声を出して、ランニングや体操もした」との事。
 もちろん慣れれば上手く出来るのでしょうが、上記の感想の様に自分の事しか考えていません。
 「後輩に声掛けた?やり方を教えてあげた?後ろを見てランニングのスピードを調整した?」と、導いてあげてようやく、「あっ、そうか!」と気づいた様子。
 コーチの指導書にも書いてありますが、10歳くらいまでは自分の事を中心に物事を考え、11歳くらいからは、他人の事も考えることが出来る様になり、協調性が出てくるとの事です。

 子供たちには自分たちの事では無く、後輩や周りの人の事も考え行動して欲しいです。
 チームスポーツは元々一人では出来ないもの、しかもサッカーは相手、審判を含め25人がフィールド内に居ます。
 周りの事を考えられない選手は。。。

 グリスフィルターのオピニオン 2016年5月号 投稿 遠藤 友幸

全記事数:151件

7/31ページ目